Menu

LEDディスプレイとは

LEDは低消費電力かつ耐用年数が長くそして電球としては小型である特徴を持つため多くの電子機器に利用されています。

特に、スマートフォンや携帯電話等のボタンのバックライトといった特性をフルに活かして採用されている製品があります。また、最大の特徴として挙げられるのは一つの素子を用いるだけで複数の色を出せる構造のものもあり、電子機器の動作状況によって色を変更することが出来るために電子機器の小型化に利用されています。そして、高輝度の青や緑を応用した白色の発光ダイオードが開発され、安価な価格で利用可能になってからはフルカラーの大型LEDディスプレイが流通されるようになりました。

技術の進歩により、ディスプレイのバックライトとして利用されることが多くなり、冷陰極管が発している白色の光線をカラーフィルタによって透過して利用可能になる色に比べて、三色の発光ダイオードから得られる光の明るさは色純度が高くなる傾向にあります。したがって、LEDディスプレイのバックライトを古いタイプの冷陰極管から新しい発光ダイオードに変換することで色の幅や解像度を大幅に拡大することが出来ます。しかしながら、現在ではコストが低くて、コストパフォーマンスに優れた擬似的な白色の発光ダイオードが利用されることが増えてきており、これを利用してしまうと色の幅や解像度が古い形式の物と変わらず、新型の冷陰極管と比べると狭くなってしまいます。また、発光ダイオードは点光源であるので広い面積を明るくしようとした場合にはムラが生じてしまい、投影距離が短くなってしまいます。

しかしながら、LEDディスプレイのバックライト用として利用されている携帯機器の小型ディスプレイが多かったですが、ノート型パソコンまで利用されることが増えてきています。そのため、接続機器の種類も増加して、接続端子の開発も進んでいます。大型ディスプレイにおける発光ダイオードのバックライトは、二十一世紀始めに液晶テレビで実用化されたことが最初になります。一般的に普及が進んむことになったのは、それから数年先になり、多くのメーカーがそれまでの機器の上位種を中心として使用するようになりました。

LEDディスプレイは一般的に、発光ダイオードを利用したバックライトを搭載しているディスプレイのことをいい、現在では大量生産による低価格化が進んでいるため、ミドルプライスの製品にも使用されています。

LEDディスプレイのレンタルならAZA